案内

行事

1月28日 初不動
2月15日あたり 涅槃会
4月8日あたり 花まつり
6月第1日曜日 施餓鬼会
10月1日 開山忌

念仏をしよう

念仏カウンターについて書く予定

大巌院について

大巌院の歴史
当寺は仏法山大網寺大巌院といいます。開山は雄誉霊巌上人で、慶長8年(1603)に安房国主里見氏9代義康の帰依により、大網一村を寺地として与えられ、大巌院を創建しました。また里見氏10代の忠義も雄誉上人に帰依し、戒を授かりました。
江戸時代、大巌院は42石の寺領を有し、末寺22ヶ寺を擁し、安房における浄土宗の触頭(幕府の寺社奉行から出された命令を伝達する寺院)でした。当初の本堂は雄誉上人が建てた間口15間、奥行13間の大本堂でしたが、現在の本堂は安永元年(1772)に第8世到誉俊察上人の代に茅葺で間口9間、奥行8間、向拝3坪の本堂を再建したことが棟札から分かります。
昭和39年に本堂を改築して茅葺を瓦葺にし、開創400年記念事業として、平成11年に客殿を再建、平成14年には納骨堂を建立しました。

開山雄誉霊巌上人
当寺の開山は檀蓮社雄誉松風霊巌といいます。当寺では雄誉上人や雄誉様と呼び習わしています。天文23年(1554)に駿河国沼津(静岡県沼津市)で今川家一族の沼津土佐守氏勝の三男として誕生しました。
11歳で沼津浄運寺の増誉上人のもとで出家し、15歳で大巌寺(千葉県千葉市)の道誉貞把上人もとで修行しました。貞把上人が死去すると安誉虎角上人に従った後、天正15年(1587)大巌寺3世住職となりました。
天正18年に故あって大巌寺を辞し東海道方面に旅立ち、南都(奈良県奈良市)に霊巌寺(現在の霊巌院)、宇治(京都府宇治市)に称故寺などを開創しました。その頃伏見城に滞在していた徳川家康より大巌寺再住を命じられ、文禄2年(1593)に大巌寺へ戻り、五井領主松平家信の援助を得て堂宇の改築をしました。
慶長8年(1603)再び大巌寺を辞し、伊豆大島・安房を巡教し、安房国主里見義康の帰依により大網(館山市)に大巌院を創建し、慶長18年内藤政長の請いにより佐貫(富津市)善昌寺(内藤氏の転封に伴い磐城・延岡に移転)に転住しました。
寛永元年(1624)沼地を埋め立てて霊岸島(東京都中央区)を築き、霊巌寺(明暦の大火後深川へ移転)を創建しました。寛永6年6月将軍徳川家光の命により知恩院32世となると、寛永8年姫路城主本多忠政の葬儀の導師を勤め、同年10月後水尾上皇の院宣により仙洞御所にて法問を行ないました。寛永10年正月知恩院が火災に遭うと、参府して家光から諸堂再建を命ぜられました。寛永13年に大洪鐘を鋳造しましたが、これが除夜の鐘で撞かれ、テレビでも中継される大洪鐘です。寛永18年(1641)正月に諸堂造営が成就すると 、同年3月御礼のため江戸へ下向しました。6月に登城し法談を行ないましたが、9月1日江戸霊巌寺で88年の生涯を閉じました。
雄誉上人が開山・開基・中興した寺院は多く、千葉県内でも鋸南町別願院、南房総市大勝院、市原市理安寺(現在の守永寺)、富津市湊済寺、君津市三経寺、君津市法巌寺、富津市本覚寺、市原市最頂寺、千葉市大覚寺、長南町称念寺があります。雄誉上人が再建した知恩院の建物は国宝や重要文化財に指定されています。


四面石塔(千葉県指定有形文化財)
建立年月 元和10年(1624)
総高 219㎝
石材 玄武岩
山村茂兵夫妻が逆修(生前に戒名を授与されること)の記念に寄進し、大巌院の開山雄誉霊巌上人が製作に関わった。東面に朝鮮のハングル、南面に雄誉上人の書体(日本)、西面に中国の篆字(てんじ)、北面にインドの梵字
と、仏教が伝来してきた国の言葉で四面に「南無阿弥陀仏」の名号が刻まれている。
四面に各国の書体で名号が刻まれることは珍しいが、特に東面のハングルは李氏朝鮮第四代王世宗が1447年に編纂した「東国正韻」という表記法で書かれた初期ハングルが使われていることが珍しい。